著者 安田泰淳(雑学研究家)



静電気対策! 「コンクリート」・「革」・「木」などに触れると痛みが伴わない

何故、静電気は冬に起こるのだろうか?
そのメカニズムを突き止めた泰淳さん → 静電気!冬に起こるのは何故ですか? では、静電気を放出した時に痛みを伴わずに済むには、どうすればいいのだろうか?


メタルスライムン
「パチッ!と来るのは、勢いよく静電気を通しすぎちゃう現象なんだ☆ 金属は電気を通しすぎちゃうだろ? 体や衣服に溜まった電気が一気に金属へ流れ込む! だから痛いんだよ。」


泰淳さん
「うんうん!それで、どうすればいいんですか?」


メタルスライムン
「簡単さ♪ ゆっくりと電気を通すものに触れればいいんだよ! ドアノブなどに触れる前に、「木」・「紙」・「レンガ」・「コンクリート」・「革」・「石」などに触れてごらん。体の電気がゆっくり逃げていくからね☆」


泰淳さん
「それじゃあ、セーターなどを脱ぐ時はフローリングの上で脱げばいいんですね☆」


メタルスライムン
「うんうん! ちなみに、プラスチックは電気を通さないから、触れても意味がないんだよ・・・ アッ!! ドアノブなどに静電気を帯びている場合も考えられるね。革の手帳などをドアノブにつけてごらん! 2秒ぐらいでいいよ。喜んで逃げていくからね」


泰淳さん
「アッ!ほんとうだ☆静電気が喜びながら逃げていくヾ(@゚▽゚@)ノ


メタルスライムン
「ほぅ 君は静電気が見えるのかね?」


泰淳さん
「うん! みんなペコリと頭を下げて通り過ぎていくよ~」


こうして、泰淳さんは冬場を生き抜く術を身に付けるのでありました。(雑学研究家 安田泰淳)


    










TOPページへ